特定看護師とは

特定看護師とは、どういったものなのでしょうか。簡単に説明をすると、特定看護師というのは一般的な看護業務に加え幅広い治療や処置を行うことができる資格です。看護師は医師の指導のもと薬を処方したり処置を行ったりしますよね。ですが、特定看護師の資格があれば医師と同じように薬を処方したり処置を行うことが可能になる特別な資格。ただ、現状は普及段階にあり資格を持っている方もとても少ないのが事実です。

 

ちなみに特定看護師となったからといって医師と全く同じ業務が行われるというわけではありません。仕事の内容は看護師の仕事にプラスαといったものですので、専門的な知識が必要になるのは言うまでもありませんが、アメリカではすでに日本で言う特定看護師のシステムが普及しているとされていますので、日本も徐々に特定看護師の数も増えてくるのではないでしょうか。

 

看護師不足ばかりが注目されていますが、医師が不足しているのも現状ですから、医師をサポートできる特定看護師を普及されるのが今後の目標だと言えます。ただでさえ、看護師の仕事は重労働ですから特定看護師となれば一層に多忙な生活を強いられる可能性は否定できませんので、そういった点も踏まえながら資格取得を検討してみると良いでしょう。

認定看護師の求人

看護師不足が取り沙汰されている中で、看護師の求人も年々増えてきていますよね。また認定看護師の求人も一般的な看護師の求人に比べると少ないものの、以前に比べれば多くなってきています。専門の知識を持っていることで重宝されているのですが、普通の探し方では認定看護師の求人を見つけることはできません。ハローワークなどに掲載されることもしばしばありますが、毎回のように求人が出てくるわけではないですよね。

 

ですが、現に認定看護師として活躍されている方は日本全国にいますから、そういった方はどのようにして求人を探しているのでしょうか。知人や同僚の紹介であることも少なくないと言われていますが、看護師専門の求人サイトを利用して認定看護師の仕事を探されている方も非常にたくさんいます。認定看護師の資格を持っているのが条件で検索をすればそれに見合った求人を簡単に見つけることができますし、求人サイトへの登録は無料となっているところがほとんどです。また、登録を済ませると専門のコンサルタントが一人ひとりについてくれますので、プロの力を借りて求人を探していくこともできます。これならスムーズに認定看護師の仕事を見つけることができますよね。

 

看護師の求人について

被災地の看護師募集

2011年に発生した東日本大震災。この時、医師や看護師の数がかなり不足していたことが問題視されています。ほとんどがボランティアの一員として被災地に出向いています。土日祝祭日関わらず、被災地での仕事は重宝される他にも看護師としてのやりがいを感じられるのではないでしょうか。被災したことで心身ともに不安を抱えている人が現在もたくさんいます。

 

そういった方のサポートができるのは看護師の資格があるからこそですよね。被災地において看護師を募集しているのは現状も同じです。ぜひ看護師として被災地の役に立ちたいと思う気持ちがあるのなら、ボランティアに参加することをおススメします。看護師を募集している内容によっても異なってきますが、半年以上継続して被災地に行かれるという方、土日祝祭日などに積極的に参加できるという方を募集していることが多い傾向にあります。

 

給与などについてもそれぞれで異なってくる部分はありますが、面接時に詳しく聞くことができますので気になる方はぜひ問い合わせをしてみましょう。私たちが思っている以上に被災地の方は心に傷を負っています。そういった方のサポートや支えに慣れる看護師さん、ぜひ被災地へ行きケアをしていきましょう。

更新履歴